親子向け和菓子ワークショップ終了しました(2018/2/25)

The Global Families(NPO)と一緒に開催した、3歳のお子様から参加できる親子向け和菓子ワークショップが終了しましたので、ご報告いたします。

 

The Globel Familiesは、以前働いていた会社の同僚の女性が作ったNPOです。家族で国際交流をテーマに活動をしていて、今回日本の伝統的和菓子を家族で作るワークショップを担当させていただきました。当日は時期的にお雛様をテーマに。

 

こなしで「おひなさま」、練り切りで「梅」を作りました。お雛祭りには桃の花ですが、練り切りで作る梅の花は、様々な伝統的手法が使われているので今回は梅を。 

 

作る前には、和菓子って何?いつから和菓子は作られていたの?こなしと練り切りの違いって?和菓子の材料は何?などを、写真を使ったボードで説明して実践スタート。

 

ころころあんこを丸めて、スプーンで花びらを作って。

 

最後にはラッピングをしてお持ち帰りです。

 

その他、お子様がわかりやすいように、大きさを測るための実寸大の厚紙をそれぞれに配ったり、レシピには各工程の写真と日本語と英語の解説などを入れ、楽しんでいただけるように準備をしました。みなさんとっても楽しんでいただけたようで、とても嬉しかったです。

 

お子様たちが熱心に楽しそうに和菓子作りをしている様子を見て、私自身とても楽しい気持ちになりました。ご参加くださったみなさま、このような機会をくださったThe Global Familiesのみなさま、ありがとうございました。

 

和菓子万くみ

鈴木万久美