6月「朝顔の練り切り」と「本わらび餅」レッスン終了いたしました(2017/6/25終了)

2017/6/25に6月のレッスンを開催しました。

レッスンメニューは、「朝顔の練り切り」と「本わらび餅」。7名の方がいらしてくださいました。

 

ウェルカムドリンクは、すだちシロップを薄めたジュースを作ってお出ししました。徳島の和菓子屋さんのもので、材料もシンプル。みなさんも「美味しい!」と^^

 

「本わらび餅」は、色やツヤの変化を見ながら、練り上げていきます。わらび100%のわらび粉で作る本わらび餅は、味わいが格別です。簡単にできる黒蜜も作りました。お持ち帰りは、わっぱに入れて。朱色の紐で結んで持ち帰っていただきました。

 

「朝顔の練り切り」は、あんこを包む時に少し高さを出して包みます。和菓子作りが初めてとの方もいらっしゃいましたが、みなさんとても器用で綺麗に包まれていました。花びらの部分の羊羹をつけて固まった様子を見て、「かわいい〜!」との声が。薄いピンク色の花びらを、みなさんかわいく仕上げられていました^^

 

「朝顔の練り切り」のお持ち帰りは、2個。ラッピングは、夏の麦わら帽子をイメージして。真ん中に釈迦結びを飾りました。

 

あと、お土産に抹茶の艶干錦玉も。固まりきる前に和三盆糖をまぶして、和風グミのようにいただくのが美味しいなあと思うので、それくらいの固さのものを持ち帰りいただきました。ラッピングは、和紙を使って。

 

ご試食タイムには、和紅茶「6月8日のべにひかり」をお出ししました。私が和紅茶に目覚めたきっかけの紅茶で、渋みがなく、口の中に程よい甘さが広がります。

 

レッスン後、参加してくださった方が、「本わらび餅が段違いに美味しく、せっかく自分で作るのだから何より美味しさにこだわりたい。自分の作りたい和菓子ってどんなものかを再認識できました」とご連絡をくださいました。和菓子万くみでは、美味しい材料で、お飲み物等も本当に美味しいと思えるものをと思っていますが、ご連絡をいただいてとってもとっても嬉しかったです♡美味しいと思うものを共感しあえる嬉しさを、改めて感じました^^

 

6月のレッスンもとても楽しくさせていただきました。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

 

和菓子万くみ

鈴木万久美