お茶屋宇治園さんとのコラボイベント無事終了いたしました。(2017/5/13終了)

2017/5/13に、宇治園さんとのコラボイベント@裏参道ガーデン(表参道)が無事終了しましたので、ご報告です。

当日は雨の中、16名の方がご参加くださいました。そのうち3名は、高校生^^

 

最初に、「和菓子っていつうまれたの?」「柏餅って本当にお餅?名前の由来」についてお話をしてから、「藤」と「つつじ」の練り切りを作っていただきました。みなさま、到着から最後まで、宇治園さんの出してくださるお茶を飲みながら。

 

藤の花びらは身近なあるものを使いますが、角度や力の入れ加減がなかなか難しいところ。そばにうかがって、一緒に進めていきました。ツツジの練り切りは、茶巾絞りで作りました。茶巾”絞り”というけれど、絞らない方が綺麗に仕上がります。みなさま、綺麗に仕上げられていました。

↑「藤」と「つつじ」の練り切り

 

中あんは、「小豆こし餡」と、「ウイスキーパッションフルーツ餡」の2種。ウイスキーパッションフルーツ餡は、ドライパッションフルーツとウイスキーとコアントローを使って作りました。餡自体をご試食いただきましたが、美味しいと言っていただけて嬉しかったです。(高校生の方は全て小豆こし餡でした。お酒が飲めるようになったら、召し上がっていただきたい^^)

↑ご試食用「ウイスキードライパッションフルーツ餡」

 

ご試食には、「洋梨のドライフルーツとコアントローの寒氷」と「本わらび餅」をお出ししました。どちらも喜んでいただけて、それが嬉しくてたくさんおかわりをお持ちしました。

↑「洋梨のドライフルーツとコアントローの寒氷」

 

↑「本わらび餅」

 

色んな和菓子を作ったり、アレンジを考えたりすることもとても楽しいですが、一緒に和菓子を作ったりお出ししたものを美味しいと言っていただいたり、人と一緒に和菓子を楽しめることが嬉しいです。

 

ご参加くださったみなさま、一緒にイベントをさせていただいたお茶屋宇治園の山村さん、場所を貸してくださった裏参道ガーデンの白鳥さん、ありがとうございました。

 

和菓子万くみ

鈴木万久美