11月「柊の練り切り」「ティラミスのような和風ゼリー(ポート羹)」レッスン@表参道ワノコトのレッスン終了いたしました

2017/11/23に表参道にあるワノコトさんでのレッスンをさせていただきましたので、ご報告をさせていただきます。レッスンには、初めて和菓子作りをするという方や、茶道を習ってらっしゃる方、普段自由が丘教室に来てくださっている方などがいらしてくださいました。

 

「柊の練り切り」は、中に黄桃と洋梨のドライフルーツを練り込み作ったアレンジ餡を包みました。レッスンでは、黄桃の酸味を飛ばし、美味しく仕上げるコツをお伝えしました。また、餡の原料である小豆(今回は白餡を使用したので、手亡豆や白大豆)の性質にも触れました。デモンストレーション途中でご試食いただきましたが、美味しいのお声が♡茶巾絞りは伝統的手法ですが、中の餡をアレンジして、和と洋を織り交ぜた練り切りとなりました。

 

「ティラミスのような和風ゼリー」は、ポートワインと寒天を使って作ります。卵白を使った和風ムーズの淡雪羹とシナモンを上にのせ、雪が積もった冬景色をイメージして、ティラミスのように仕上げました。淡雪羹は、さっぱりいただけるように仕上げました。参加者の方から、ご自宅に持ち帰って召し上がった後に、「美味しかった」とのご連絡をいただき、とても嬉しく思いました^^

 

ラッピングは、落水和紙に帯包みの一部を重ね、中央に紐結びで作った松を飾って。

 

お飲み物は、和紅茶専門店「紅葉(くれは)」の嬉野紅茶をお出ししました。

 

ワノコトさんでは、来年1月に次のレッスンをさせていただきます。

お越しくださったみなさま、楽しい時間をありがとうございました。

 

和菓子万くみ

鈴木万久美